スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公式ホームページができました。

お知らせなどは公式ホームページで。

脱原発中野もホームページ
スポンサーサイト

車輌申請

火曜日、トラック二台の車輌申請に、中野警察署に行ってきたよ。

もめた。

2台のうち、DJカーは2t標準なのだが、ステージカーは2tワイドロングで、バンドさんが乗る。で、「7人乗りたい」と言ったら「4人まで」と言われた・・・。ひぃ~っ!

でもまあ、バンドなのに7人は多いよなあ。びっくりしたよ。バンド自体は5人で、あとはPAと司会じゃないのかと思うが・・・。一瞬、PA担当と司会を降ろしてしまえばいいのだけど。最終的に、「今回だけは」ということで、6人まで認めていただいた。警察やさしいぞ。

ちなみに私は予備でついていっただけで、交渉はKくんがやった。Kくんの頼りないキャラが警察を動かしたとしか思えない。ああいうの、トクだよなあ。私なら反感を買うだろうから。(私はひたすら黙ってた)

で、興味深いことを知った。そもそも、走るトラックの荷台に人が乗っていいのか疑問だったのだが、やはり基本的には乗ってはいけないらしい。荷物しか乗れないのだ。じゃなんで可能なのかというと、特別に「荷物を監視する人」という立場で許可が下りてるらしい。つまりアレは監視員なのだな。それで「荷台乗車許可申請」がなされているのだった。面白いなあ。バンドじゃなくて、トラックの上に乗っているPA装置の監視員なのだ。だから、PA装置自体がちゃんと収まっているかどうかも問題で、そこも事前にチェックされるのだった。

ということで、なんだかんだあって申請を受理してもらった。申請が通ったかどうかは金曜にわかる。私は免許も持ってないのにレンタカーを借りて車検証を送ってもらったので、いろいろ不安だったが、ま、不備はなかったと思ってるが、どうだろうか?

土曜の本番まであと3日。メンバーは毎日、街頭情宣に励んでいる。「チラシ手持ちがなくなったが、誰か残ってないか」というメールのやりとりがスタッフメーリングリストで頻繁に行われている。火曜は中野駅南口、水曜はサンモールオキュパイ、木曜は野方駅、金曜は中野駅北口が予定されている。他にポスティングと、沿道配布も。「街頭アクションはデモと同じ」という掛け声のもと、あとはもう、頑張るしかないぞ。

トーク会から最終総決起集会へ

まだ打ち上げするには早いよ!と思いつつ・・・デモ前最後のトーク会(集会)のあと、17名参加で「総決起集会」を行ってきました。今日までも、いろいろあったんです。そして、最終の一週間も絶対に紆余曲折があるんです。その一週間を乗り切るためにも、ここいらで一発、ぷあ~~っと言いたいことを言っておかねばならんのです。が、ただのおっさんおばはんの飲んだくれ会になってました。声でかいし。

トーク会ではもろもろの最終確認。隊列はほぼ出揃い、現状を踏まえて、路線変更などを確認。ちんどん隊、ファミリーブロック、歌声隊、ステージカー、エイサー隊、コスプレ隊、関取隊、ブラバン隊、ドラム隊、DJカー、ごみ拾い隊などなど。他に、ピエロさんや屋台の計画も。

突然決まった「メルトダウンブルース隊」が注目。「それはいったい何?」と問われ、説明するもよくわからない。ツイッターで急に盛り上がったものだから・・・ということで、歌った歌った。何度も歌った。微妙な音程を表現するのに苦労してたなあ。なんせ、ブルースなんですけど、音頭ですから。盆踊りバージョンですから。完全に無国籍。

トラメガも7~8台借りることになった。「トラメガって何?」という問いから始まり、「なんだハンドマイクか」と納得されたけど、ハンドマイクはマイクのことで、メガフォンとは違うと思うが・・・でも、「トランジスタメガフォン」のことを「ハンドマイク」とも言うのだね・・・「トラメガ一台にハンドマイク一本サービス」とも書いてあるが・・・「拡声器」とか「メガホン」でいいと思うが、「メガホン」だとコントで頭たたくやつだと思っちゃうしなあ・・・(古い)。

トーク会は早めに終わって飲みに行こう、と言ってたが、結局9時45分ぎりぎりまで打ち合わせてた。9時過ぎには全体会は終わったのだが、班単位での個別の打ち合わせが長かったなあ。

で、10時からデモ割ならぬ「会議割」のきくお店へ。トーク会は30数名だったが、宴会へも17名が参加。狭い部屋へ押し込められ、おっさんの熱気でむんむん。なぜか、男女が完全に分かれて座り、いい年して合コン状態になってんの。男女比は半々でした。

中野もの中心メンバーであるK君が入口側で番頭状態で注文をさばいていた。

で、順番に自己紹介がてら(なんでこの時期に自己紹介しなけりゃならんのか?)、これから一週間に自分がやることを発表。順番に次の人を指名して・・・あれ?、Hさんは回ったっけ?(もし回ってなかったら・・・意図的か?)

そんなこんなで0時過ぎに解散。まだまだ残る仕事は多数。しかし、ようやくルートも決定したし、素晴らしい本チラシも届いて、チラシ配りとポスティングという「直接」的な作業はやりがいがあるものだ。「やるぞ~」ではなく、「やるんだから来て下さい」という相手の見える作業だ。そしたらもう、頑張るしかない。このまま一気に28日を迎えたい。興奮して病気にならないように気をつけながら。なんせ年齢が・・・(自粛)。

7月21日(土)は鍋横情宣

7月21日(土)はシゴトが18時まできっちりあって抜けられない(場合によっては残業になる)ので、18時45分からを予定してた。が、なんだかんだでその時刻になっても自宅にいてメールチェックしてたら携帯が!

「今日はやらないのですか?」とIさんから。「あ、いや、行きます。10分で行きます。」と返事してすっとんでった。

この日はパレードのコースでもある鍋横商店街。最寄の駅は丸の内線新中野。Iさんが駅出口で、私は商店街と青梅街道の交差点のところで。しかし、交差点は交通量が多く、声が通らないよ、と思い商店街の中へ。アーケードの屋根の下だと声ががんがん響く。もう一週間、声を出しっぱなしで、普通の声は出なくなってるので、演劇的複式発声でやるしかない。ちょっとドスが効いちゃうんだけど、背に腹は代えられないよ。

一週間の情宣強化週間も今日が最後。そこで、あえてチラシは手に持ってるだけで、渡そうとせずに、声だけ出しまくって、取りに来る人を待つ体勢でやってみた。30分やったら8人ぐらいが手を伸ばしてくださった。嬉しいなあ。

おとうさんには「四号基のこと知ってるか?」と耳打ちされた。「作業員だった人から聞いたんだけど、ほんと怖いみたいだよな。」・・・おとうさんてば、恐ろしいことを嬉しそうに話さないでください(^^;)

Iさんは18:45から、私は19時過ぎから始め、19:50に終了。駅から帰宅する人がけっこういるが、鍋横商店街に向かう人は少ない。商店街自体の人通りは少ない感じだが、土曜日の夕方だからか? 我々が通る予定の土曜17時前というのもそんなに迷惑じゃないかもしれないなあ。ま、商店街には迷惑じゃなくても、住んでる方にとって迷惑なのは当然だが。迷惑でも、やらざるを得ないのですごめんなさい。

自分自身がチラシやティッシュを受け取らないほうなので、みんながスルーすることには抵抗ないけど、それでもなんとかして受け取ってもらえる方法があるのではないか、といろいろ考えた。次回やるときは、いろいろ企画を練ってやりたいものだ。「チラシ配り」から「街頭宣伝」にランクアップできるように頑張ろうと思う。もっとも、今回のように情宣隊長の私が実際に動いてしまうと、いろんな作業が止まってしまい、メンバーにいろいろ迷惑をかけてしまった。ちょっと反省。第一、この一週間の最初の三日間(日~火)に昼間が暑すぎたよ。午後、毎日4~5時間外を動き回るなんて・・・20年ぶりぐらいだったような・・・。この週末、ほとんどひん死だった。なんとか生きて生還できて、よかったよかった。

パレードの準備のほうは、すばらしい本チラシも完成し、いよいよラストスパートです。最後のトーク会が日曜にあり、態勢は整うはずです。最後の一週間はなんか新しい企画を始めたい。とりあえず、PV作りたいと思ってるが、できるんだろうかどうだろうか・・・。

7月20日(金)は官邸前裏方

7月20日(金)は官邸前抗議行動の裏方です。「誘導係」として旗振りです。

18時ちょうどに現地へ。本来は、スタッフは15時集合なのですが、私は諸事情で18時ぎりぎり。抗議行動は18時~20時限定ですので、すでに歩道は人であふれています。交差点も規制がかけられており、旗と腕章をもらうための集合場所へもなかなかたどりつけません。「私はスタッフだ!」と言っても通用しない警官もいるのです。まだ腕章も旗も持ってませんから。しかし・・・私物の「保安指示灯」(赤く光る棒)を見せて通過!

いつもの集合場所にいつもの担当者がいない・・・が、旗が置いてあったので、勝手に一本持って、スタッフ仲間の一人に言って、毎回行ってる「内閣府下」方面へ向かう。なんだろうこの、毎度おなじみ感は・・・。

行くと、そこにいた警官もいつものメンバー。というか、やつらの顔なんてみんな同じに見えるので、覚えてません。なんとなく知ってるような気がしただけ。というか、いきなり「ごくろうさまです」って挨拶されたし、何人かには敬礼されたし・・・無視したけど。

この場所は、地下鉄の国会議事堂前駅へ向かう場所。しかし、通行止めになり、駅へは向かえない。駅方面から来た人を財務省上交差点へと誘導するだけだ。一方通行だ。当然、駅方面へ行きたい人がいるわけで、ちょっとしたトラブルが何度も起きている。無理やり強行突破を図る人が多数。警官は手を出せないが、周りを取り囲んで静止する。異様な図だ。それと、なぜかやたらと大勢の警官がいる。それ自体異様だ。20人ぐらいだもの。「左折してください」と言うだけなのに。

強行突破のおじさんと警官がこじれたうち、3回、私が呼ばれて間に入った。というか、私がへらへらしておじさんに近づき、すみませんねえ、と言うと、すぐに解決してしまった。要するに「警官に腹立ててるんだ」よなあ。そのことを警官自身は気付かないよなあ。自分たちが大勢過ぎて、多くの人が写真撮っていく意味もわかってないんだろうなあ。

警官はみな若く、命令に従って、この場所で頑張っているだけだ。トラブルを未然に防ぐ、という目的だ。こんだけ大勢でよってたかっていれば、そりゃあトラブルも起きようがない。税金がもったいないと感じるけど。

今日もまた、参加者の何人もとお話した。横浜から来たという女性とは長々と話し込んでしまった。「私は記者会見の席にもぐりこんだわよ」と・・。たまたまトイレ借りにいって、なんとなくまぎれこんでしまったのよ、と。・・・その手があったか!

来週は金曜抗議行動がない。日曜(7月29日)の「国会大包囲」があるからだ。主催が同じ首都圏反原発連合。私は諸事情で裏方もできないが、お天気にめぐまれ、大勢で取り囲むことを期待したい。その前日の28日は、「脱原発中野もパレード」です。

7月19日(木)のチラシ配り

7月19日(木)は中野坂上情宣。予定の18時に到着すべく自宅で準備してるとDさんから電話。すでに中野坂上にいて、「17時じゃなかったっけ?」と。予定通り18時なのだが・・・。速攻で向かう。

17時45分到着。Dさんと二人で。

中野坂上の交差点は大きなビルがいっぱい建ってて、地下鉄も丸の内線と大江戸線があり、出口も多い。山手通りと青梅街道の交差点で、交通量も多い。ということで、どこでチラシを配ろうか、ちょっと悩む。とりあえず、丸の内線改札を出たところの出口で。しばらくして、外食産業のサービス券配りの子が同じ場所で始めたので、聞いてみたら、やはりそこが一番だそうだ。

18時になったらNさんも来た。さらにMさんも。今日は4人になった。

4人それぞれに配り方に特徴がある。Dさんは交差点で信号待ちしてる人に近づいて話し込む作戦。一番、チラシ配り慣れしてる。Mさんは「デモパレードやりま~す」と言う。「デモパレード」って単語を始めて聞いたが・・・。

Nさんは前日、東中野で一緒だったひと。明るい服で、という私の提案を守り、可愛らしい服着てきた。いいことだよ。

それにしても、東中野と比べて、やっぱり中野坂上は都会なのか、受け取り率が低い。歩き方も早い。もしかすると、中野新橋や新中野や中野富士見町などで配ったほうが受けは良かったのかもしれない、と思ったよ。

あと、西武新宿線沿線もあるよなあ、と。

結局、この日私のとこへ、一旦通り過ぎたけど戻ってきてチラシを受け取ってくれた人は一人だけだった。これ、けっこうバロメーターだと思ってる。

この日、脱原発杉並へ某テレビ局のニュース番組から問い合わせが入った。さすが杉並だよなあ、と思ってたら、中野へも某新聞社系社会派雑誌から問い合わせが! 世の中、変わりつつあるんですかねえ?

7月18日(水)のチラシ配り

7月18日(水)も東中野。昼間は仕事があったので、17時に終わってチャリで速攻で東中野へ。火曜日は東中野の西口(山手通り沿い)で配ったので、今度は東口北側で。駅の階段を下りたところあたりでやろうかと考え、チャリにのぼりを立てていたらIさん登場。なので二人で18時過ぎから。Iさんが階段下、私はちょっと離れたところにチャリを置き、のぼりを立てた前でパフォーマンス情宣。「パフォーマンス」とか言ってるけど、なんのことはない一人でわめいているだけです。じっと立ってることができないので、うろうろ歩き回って、1時間ずっとしゃべり続けているだけです。

しゃべるって言っても、どんどん通りすぎていくので、一言を繰り返しているだけ。「今度中野で脱原発のパレードやります」がメイン。それが「7月末やります」「来週末やります」「サウンドデモです」「脱原発をアピールする巨大パレードです」「とうとう中野でもデモやります」「脱原発中野もデモやります」「中野も脱原発です」などなどの繰り返し。とにかく、「脱原発」と「パレード」が歩く人に聞こえるように。

実際問題、チラシは受け取ってくれる人よりも受け取らない人のほうがはるかに多いわけで、チラシもらわない人にもパレードをリーチさせようとすると、大きな声で伝えるしかない。黙って「お願いしま~す」ぐらいで渡したほうが受け取る率は高いのだけど、受け取らない人のほうがはるかに多いのは変わらないので、やはり声出すしかないと思ってる。のぼりも目立つように立てて「脱原発中野も」をアピールだ。

毎回だが、一旦通りすぎた人が戻って受け取ってくれることがある。1時間に3人ぐらいだけど。それでも、それがとても嬉しい。このひとに届いた!と思える瞬間だもの。

しかしまあ・・・9割以上に拒絶されると・・けっこうへこむよな。へこみっぱなしじゃないけどさ。でも、世の中の「脱原発」に対する意識を肌で感じるよ。まあ、受け取らない理由として、「脱原発」に拒絶してるのか、へんなおっさんが歩道の真ん中で暴れているのに嫌悪感を示しているのか、微妙なとこではあるけれど・・・。

明日も17時にシゴト終わってチャリで中野坂上へ。中野坂上は地下鉄の出口がいっぱいあるし、山手通りと青梅街道の交差点で交通量が多くてうるさい、という難しい地点だ。あと、10年前までここのビルの一室で働いていたので知り合いに会う確率も高い。どのあたりでやるか、まだ未定なのだった。(当日、人の流れを見て決める)

7月17日のチラシ配り

この日の予定は・・・14時、東京工芸大学前、15時半、堀越学園、17時、明大中野、19時、劇場MOMOにて折り込み、でした。

14時、先に来ていたMさんと合流し、東京工芸大学前でチラシ配り。中野区内の数少ない大学のひとつ。学生の反応を見たかった。が、学校の前でチラシ配るな、と怒られた。警備員も出てきた。一般公道なのですが・・・。それよりも、まだ夏休み前だと言うのに人が少ないよ。1時間もいれば授業の合間に人が出てくると思ったのだが・・・あまりにも少ないので急遽ポスティングに変えて、100枚ぐらいを入れてきた。昼間のポスティングは夜よりもやり易いぞ。

学校が住宅街にあると、声が出せないので難しいですね。

で、堀越学園に移動。そしたらやっぱりここも住宅街。なので、Mさんと二人でポスティング。そんでもって、学生が少ない・・・。諦めて移動しようかと思ったら、16時過ぎて学生が帰宅し始めてどっと出てきた。

見てると、中野駅に向かう帰宅ルートが決まっている感じ。なので、大久保通りを越えたところで待ち伏せてチラシ配った。住宅街ではあるが幹線道路が近く、声が出しやすい。一般住民もいっぱい通ってるので、やりやすかった。やはり、やり方はコレだね。帰宅ルートを探して、そこで待ち伏せだ。

で、明大中野へ移動。最寄の駅が東中野なので、最初っから、東中野で学生を待ち受ける形に。が、17時過ぎとなると、普通に駅の側からの帰宅者も多い。高校生中心に渡そうとしたが、結局半々ぐらいになってた。学生は、ノリで受け取ってくれる子もいるけど、なかなか難しい感じだった。

中野区では今度、中野駅前に帝京平成大学、早稲田大学、明治大学のキャンパスができる。中野駅前の人の流れが大きく変わる可能性がある。その時には今回のワザが役立つかもしれない。

その後、Dさんと落ち合って、劇場MOMOへ行き、18日に初日を迎えるなかのエンジョイえんた~て~めんとの第一回公演「天使のシケン」へ折り込み。700枚だったが二人だったので30分で。劇団の子も手伝ってくれた。

この劇団とは、毎週水曜のサンモールオキュパイで知り合ったのだ。偶然、劇団のプロデューサーが通りかかり、日向さんの替え歌に反応して、意気投合したのだった。公演、がんばっていただきたいものです。

なかのエンジョイえんた~て~めんとの第一回公演「天使のシケン」

チラシ配り強化週間

今週は、街頭情宣強化週間、です。日曜は中野サンプラザ前での「なかのチャンプルーフェスタ」で、月曜(祝日)は中野ブロードウェイ北側出入口、島忠、丸井、などでチラシ配りしました。もちろん、16日ですから、大勢が「10万人集会」へ行き、チラシまきまくった上でデモにも参加してきました(その頃私は中野駅前で、チャリにのぼりを立てて、駅周辺を1時間以上走り回ってた)。

中野駅前でチャリンコデモンストレーションやチラシ配りやってたら、急にめまいがして・・・東京は33℃もあったんですね。知らんよ。午後1時半から5時半ごろまでうろついてたら、ふらふらになってた。

でも、明日も頑張るぞ>チラシ配りんぐ。

チラシ配り計画

15日(日) 16:00~17:30中野チャンプルーフェスタ会場(サンプラザ前) (18時からトーク会)
16日(月・祝) 14:00~ブロードウェイ出口 16:00~島忠前 18:00~とうきゅうorピーコック
17日(火) 14:00~東京工芸大芸術学部 15:30~堀越学園 17:00~明大中野 19:00~劇場MOMO折り込み
18日(水) 18:00~東中野駅前 23:00~サンモール(オキュパイ)
19日(木) 18:00~中野坂上駅前
20日(金) 官邸前裏方(開催未定)
21日(土) 18:40~鍋横商店街(青梅街道口)

どんな感じなのかわからないので、とりあえずやってみて、怒られるとか、人がいないとか、受け取ってくれないとかの情報を得ようと思う。

官邸前

7月13日も官邸前抗議行動を手伝ってきました。

そもそもこのアクションは、普通のデモと違い、広い場所に人々が集まるのでも、道路をどんどん歩いていくのでもなく、広い幹線道路の両側にある「歩道」に並ぶという変わったものです。人が少ないうちはワンブロックの官邸前にいましたが、人が増えてくると、どんどん枝分かれし、長く長く伸びていきます。だって歩道しか使えないんだから。そして、人がいっぱいになってる途中の駅出口は封鎖するしかなくなります。だって、地上に出たら道に人がいっぱいで身動きができなくなるからです。

また、交差点でも、人がいっぱいになってる歩道に向かって行く横断歩道は通行止めになります。だって、渡った先がいっぱいで入れないからです。

ということで、毎回試行錯誤を警察と主催者は行ってきましたが、今回は、国会議事堂周辺の歩道や、外務省方面の歩道に人を流しました。ものすごい長い列になっていたと思われます。

私は内閣府下の交差点にいました。歩道が通行止めになったり、通行可になったり、また止められたり、まったく行き当たりばったりで、警察はあああああ! そうこうしているうちに、内閣府下の交差点に50人ぐらいが集まり官邸に向かってシュプレヒコールを始めました。警察は立ち止まらずに歩け、と言ってますが、無視です。けっこう盛り上がってました。その周りを警察が取り囲んでましたが、逆にそれが周りの人を集める結果になってました。道の反対側にも集団ができて、シュプレヒコール合戦になりました。警察は歩かせたいようですが、そうは行きません。来週はこんなのが増えそうです。どうせなら、歩道の30箇所ぐらいでやればいいんじゃなかろうか。

しかし、警察に取り囲まれてる中でシュプレヒコールしてて、けっこう熱くなってましたね。あれは逆効果だったように思う。20時過ぎても終わらず、延々やってましたもの。警察は予定になかった状況への対応ができないんだよなあ。

来週は、どんどん想定外のことが起きるような気がする。そしたら警察は、何もできなくなるんじゃなかろうか・・・期待しよう。

次は7.15トーク会

7.8トーク会は無事終了しました。次回は7月15日(日)18時からなかのZERO西館3階学習室2です。

7.8のトーク会は当日班分けのシミュレーションにより、当日の様子をイメージすることでした。その他、各班の進行状況の確認でした。

歴史が変わりました。

週末、歴史が変わりましたね。

TBSの「サンデーモーニング」が大きく6.29のデモを採り上げてましたが、その際、「これまでマスコミはデモを報道してこなかった」という理由を述べてました。「政治的」だから、というわけのわからん理由です。どうやら、かつての学生運動のデモがトラウマになってるようです。

その結果、デモは報道しないけど、なにか事件があれば報道した、と。逮捕とか、ケガ人とか。それはつまり、政府側に有利に働いていたと思われるわけで、全然納得いかないとも思ったけど・・・。

しかし、これからは報道するようです。7月1日の新宿デモも報道しました。また、大飯原発のゲート前での抗議行動も。TBSもNHKもテレビ朝日も。新聞各紙も。(しかし読売・産経は・・・)

ということで、これからです。今週末の金曜にも首相官邸前はあります。稼働しちゃったからといって諦める人はいません。まだまだ増えていくと思います。

ちなみに「脱原発中野も」のメンバーは、脱原発杉並と一緒に、6.29も7.1もスタッフとして、デモの隊列整理に奔走してました。初めて参加した人もいて、「この経験が7.28につながるよ」と言ってました。

7月1日新宿へ向けて

6.29から7.1へ向けて、ひたすらメディアの扱いをチェックしてた。あまりにも多くて、HPへの掲載は一部だけにしたけど、ほんとに多いよ。まあ、20万人(主催者発表)も集まるデモって、日本じゃ考えられないことだったから、当然といえば当然なんだけど。

日曜朝のTBS「サンデーモーニング」がどう扱うのかも注目だよ。

HP担当:じんぼ
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

なかのも

Author:なかのも
中野区で、子どもたちの未来のために、原発のない社会を目指して頑張ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。